施設概要

よみうりランド花ハウス外観写真

運営母体について

「読売光と愛の事業団」は、読売グループの社会福祉法人です。福祉団体への助成活動など40年以上の歴史があります。より広く社会福祉に貢献するため、2001年11月に財団法人から社会福祉法人に衣替えし、超高齢社会で最重要課題の1つになっている介護の問題に取り組むため、特別養護老人ホームを開設・運営することにしました。

基本理念

  • 敬老精神と互助精神
  • 個別ケアと共同生活
  • 明朗で信頼ある職場作り
  • 地域福祉への貢献、社会的使命の自覚

建物概要

敷地面積
7611.00m2
規模・構造
延床面積8902.34m2
鉄筋コンクリート造 地上5階建て
配置
1階
デイサービスセンター  定員50名
2~5階
特別養護老人ホーム  全室個室計150室
5階
ショートステイ  個室10室
開所
2005年3月1日

施設長から

施設長写真

よみうりランド花ハウス施設長 橋本政彦

 よみうりランド花ハウスは、首都圏に住む方々の憩いの場である「よみうりランド」の一角に位置しており、多摩や丹沢の山々、都心の高層ビルが遠望できる環境に恵まれた場所にあります。
 川崎市で最初の全室個室ユニット型特別養護老人ホームとして2005年3月に開所して以来、それぞれのご利用者の望まれる暮らしの実現を目指して、職員が日々の暮らしのお手伝いをしています。身の回りのお世話だけでなく、生け花、書道など趣味の時間の充実、季節の催事などにも積極的に取り組んできました。こうした日々の暮らしを通して、ご利用者やご家族との対話を心掛け、皆さまが何を望んでいるかを汲み取りながら介護をしています。ご利用者の望まれる暮らしの実現という目標を共有するデイサービスでも豊富なプログラムを用意しており、地域の皆様から高い評価をいただいております。
 花ハウスは「看取り介護」にも力を入れています。老衰などで医学的に回復が難しいと判断されたご利用者も、病院での延命治療をせず、住み慣れたお部屋で自然に、穏やかに最期を迎えていただけるように、施設を挙げて日々の暮らしをサポートいたします。
 施設介護、短期入所、デイサービス、地域包括支援センターを擁する花ハウスは、地域包括ケアの拠点として、これからも地域の医療機関や様々な介護サービスと連携しつつ、地域の皆様の支えとなる施設となることを目指してまいります。


Page Top