地域包括支援センター

よみうりランド花ハウス 地域包括支援センターは、高齢になっても住み慣れた地域で、安心してその人らしい生活が続けられるように、市区町村、医療、介護福祉、民生委員、ボランティア等の様々な機関と連携して支援を行っています。地域の方の総合的な相談窓口として、川崎市から委託を受けた法人が運営する公共機関です。

主任ケアマネジャー、看護師、社会福祉士の3職種が、家族や近隣の方の介護や生活について、寄り添いながら一緒に考えることを基本に支援をしております。また、転倒予防教室や介護保険・権利擁護事業等に関する勉強会の開催をはじめ、地域の方々や行政と「共に支え合う地域づくり」を進めています。

「誰に相談したら良いかわからない」といった悩みや不安がございましたら、お気軽にご相談ください。

所長 佐久間真弓

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
044-969-3116(直通)

ファクスでのお問い合わせ
044-969-3112

お問い合わせフォーム
メールを送る

よみうりランド花ハウス 地域包括支援センターができること

地域でくらす高齢のみなさんを介護・福祉・健康・医療などの面から総合的に支えるために、2006年4月に川崎市の委託を受けて設置されました。主な業務は次のとおりです。

総合相談業務
高齢者のみなさんやそのご家族の介護の困りごとや心配ごと、健康や福祉、医療や生活に関することなど何でもご相談ください。
介護予防ケアマネジメント業務
心身の機能を保ち、家事や買い物など自立した生活が続けられるように、ご相談しながら介護予防ケアプランを作成します。
権利擁護業務
高齢者のさまざまな権利を守るため、成年後見制度の紹介や手続きを支援します。虐待の早期発見・緊急対応、消費者被害の防止などにも取り組みます。
包括的・継続的ケアマネジメント業務
地域のケアマネジャーの業務を支援するほか、住みやすい地域にするため、医療機関や介護関係機関、ボランティア、地域の方々とのネットワークづくりを進めます。

相談料は無料です。とにかくお困りのことがあったらなんでも気軽にご相談ください。主任介護支援専門員、保健師(または看護師)、社会福祉士の専従職員3人がお話をうかがいます。

担当地域は、川崎市多摩区内の生田4~8丁目、菅仙谷、菅馬場3・4丁目、寺尾台、枡形1~4丁目です(丁目の記載のないところは全地域)。


Page Top